SLVRbulletパートナー利用規約

本規約は、BGテクノロジー株式会社(以下「当社」という)が管理、運営するサービス「SLVRbullet」(以下「本サービス」という)の利用に関し、本文にて定義するパートナーと当社との関係を定めるものとし、本サービスに登録するパートナーは、本規約の全条項に同意し、遵守するものとする。

第1条(定義)

本規約において使用される用語は、次の各号のとおり定義する。

1. パートナー、パートナーサイト

パートナーとは、本サービスを利用して広告主へユーザーを誘導し、成果報酬を得ようとする者をいう。また、パートナーサイトとは、パートナーが運営する広告主の広告を掲載するサイト(WEBサイト・メールマガジン・アプリ等を指すがこれに限らない)をいう。

2. 広告主、広告主サイト

広告主とは、当社所定の方法により本サービスに申込み、パートナーとの提携に基づいて広告を出稿する者をいう。また、広告主サイトとは、広告主が運営する自らの商品やサービスを提供するウェブサイトをいう。

3. ユーザー

ユーザーとは、パートナーサイトに掲載された広告主の広告を閲覧し、当該広告のアフィリエイトリンクを通じて、パートナーサイトから広告主サイトへと移動する者、もしくは移動しようとする者をいう。

4. アフィリエイトプログラム

アフィリエイトプログラムとは、広告主が指定する広告等をパートナーサイトに掲載し、ユーザーを広告主サイトへ誘導することで行う、広告主の宣伝活動を総称するものをいう。また、広告主はアフィリエイトプログラムごとに成果報酬およびパートナーサイトについて選定することができる。

5. 管理画面

管理画面とは、当社が本サービスにおいて提供するWEB上のパートナー専用の管理ページをいう。

6. 提携

提携とは、パートナーが本サービスの管理画面等で紹介されるアフィリエイトプログラムから、掲載を希望する広告の広告主に対し広告掲載等を行いたい旨を申込み、広告主がこの申込みをしたパートナーに対して広告掲載等を承認することをいう。

7. 成果

成果とは、ユーザーがパートナーサイトに掲載された広告主の広告を閲覧し、広告主サイトで成果報酬の支払の対象となる条件(商品購入や会員登録など、当社と広告主の双方の合意のもと広告主が指定する条件)の行為をしたことにより、本サービスにおいて記録されたものをいう。

8. 成果報酬

成果報酬とは、事前にパートナーに提示された報酬条件に基づき、広告主または当社による確定作業によって承認された成果に応じて、パートナーに対し支払われる報酬をいう。

9. アフィリエイトリンク

アフィリエイトリンクとは、当社システムによって生成された、アフィリエイトプログラムを実現するために必要な情報を含んだリンクのことをいう。

第2条(本サービスへの登録)

パートナーとなろうとする者は、本規約に同意した上で、当社所定の方法により本サービスに登録することができるものとする。パートナーとなるには、当社による承諾を必要とするものとする。

第3条(広告主との提携)

1. パートナーは、当社の提供する管理画面において、希望するアフィリエイトプログラムの成果報酬に関する諸条件を確認の上、提携の申請を行うものとし、当社および広告主がこれを承認したときに、広告掲載に関する提携が成立するものとする。

2. パートナーは、提携後に各アフィリエイトプログラムの成果報酬に関する条件が広告主の意向により変更される可能性があることを了承するものとし、また、提携申請の却下、もしくは提携中アフィリエイトプログラムの提携解除がなされた場合においても、正当な理由がある場合を除いて、これらに異議を申立てることはできないものとする。

第4条(成果の確定)

1. 本サービスの成果における確定作業は広告主または当社が行い、個々の成果対象事項を承認または却下の判断を行うことによって確定するものとする。

2. パートナーは、広告主または当社が行った確定作業の結果について正当な理由がある場合を除いて異議を申立てることはできないものとする。

第5条(成果報酬の支払い)

1. 成果報酬の支払いは、原則として成果の確定日を基準として月末締めの翌月末(金融機関の休日である場合は翌営業日)に支払うものとする。ただし、パートナーへの支払額が1,000円に満たない場合は、その累計額が1,000円に達するまで繰り延べられるものとする。

2. 成果報酬は、パートナーが届け出た金融機関の口座に対して振り込んで支払うものとし、この場合の振込手数料は当社の負担とする。ただし、登録情報の不備により組戻しが発生した場合の振込手数料はパートナーが負担するものとする。

3. パートナーの届け出た金融機関口座に振り込みができない場合、当社はその旨を通知するが、通知後においても、口座情報が引き続き6ヶ月間更新されない場合は、パートナーは成果報酬の請求権を放棄したものとし、当社はその支払義務を免除されるものとする。パートナーは本項の定めをあらかじめ承諾するものとする。

4. 広告主が当社に対し成果報酬の支払を遅延した場合、当社はパートナーに対する成果報酬の支払を留保することがあるものとする。また、広告主が当社に成果報酬を支払わない場合については、当社はパートナーに対する成果報酬の支払を留保すること、もしくは成果報酬を支払わないことができるものとする。

5. 当社は、パートナーが本サービスを退会したときは、退会時までに発生した未払の成果報酬の累計額を、退会日の属する月の翌月末(当該日が金融機関の休日にあたる場合はその翌営業日)に、支払うものとする。ただし、当該成果報酬の累計額が1,000 円未満の場合は、パートナーの当該成果報酬受領の権利は退会と同時に消滅するものとする。

6. パートナーの要望または自己都合により、成果報酬を受領しないときは、当社に対して速やかに書面または電子メールにより通知するものとする。パートナーが当該通知を行った場合、当社はパートナーが当該成果報酬に関する債権を放棄したものとみなす。

第6条(調査)

1. 当社は、パートナーが本規約に基づきサービスを利用しているか独自に調査を行えるものとする。

2. 当社は、当該調査により、パートナーが本サービス上で不当な手段を用いて意図的に成果発生数を増加させ成果報酬を増額させているなど、自己もしくは第三者の利益の為と認められる行為を行った場合、または行っている可能性が高いと合理的に判断したパートナーに対し、通知の上、発生根拠のない成果報酬の一部もしくは全部を支払わないことがある。この場合、パートナーの強制退会、当該行為の差止、及びその程度に応じては損害賠償の他、刑事告訴等の措置を講ずることがある。

第7条(本サービスのメンテナンス)

本サービスのメンテナンスは、定期・不定期を問わず実施されるものとし、メンテナンス期間中の本サービスの一時停止に関して、当該停止が相当性を有する限り、パートナーは異議や損害賠償を申立てることはできないものとする。

第8条(パートナーによる通知、報告、変更)

1. パートナーは、登録内容に変更が生じた場合、またはパートーナーサイトが管理・運営できない状態になった場合は、速やかに変更後の内容を当社に届出るものとし、登録内容の変更を怠ったことによりパートナーが不利益を被った場合も当社は責任を負わないものとする。

2. パートナーが変更内容の届け出を怠ったために、当社からの通知または送付された書類が延着しまたは送達されなかった場合には、通常到達すべき時に到達したものとする。

3. パートナーは、本サービスの提供を受けることに支障が生じた場合、その他問題を発見した場合には直ちに当社に報告するものとし、パートナーが報告しなかったことに起因して発生したトラブルについては、当社は故意又は重大な過失がない限り一切の責任を負わないものとする。

第9条(IDとパスワードの管理)

1. パートナーは、当社より付与されるIDおよびパスワードを第三者に開示または貸与してはならず、また、第三者に漏洩しないように自己の責任のもとに厳重に管理するものとする。

2. パートナーに付与されたIDおよびパスワードが第三者に利用された場合であっても、当社は、当該パートナーによる利用とみなすことができるものとし、パートナーは、いかなる事由によっても、その利用に関する責任を負うものとする。但し、当社の故意又は重大な過失がある場合を除くものとする。

第10条(退会)

パートナーは、当社が定める退会手続に従い、いつでも本サービスを退会することができるものとする。

第11条(禁止事項)

1. パートナーは、次の各号のいずれかに該当する行為を行ってはならず、本条に違反したときは強制退会処分を受ける場合があるものとする。

(1) 当社及び広告主がパートナーに提供する広告素材およびアフィリエイトリンクを無断で改変する行為。

(2) 広告主サイト等の紹介・広告とは無関係に、成果対象を強制もしくは嘆願する内容の文言またはユーザーに誤解を与えるような文言を自己のパートナーサイト上に表示する行為。

(3) パートナーが、自らあるいは第三者と通じて、あたかも成果が発生したかのように装う等の不正な行為や、その他、当社が不正と合理的にみなした行為。

(4) 本サービスに登録したパートナーサイト以外の媒体に広告主の広告を掲載する行為。

(5) 電子メールでのスパム行為、掲示板への書きこみ等による宣伝行為、またはその他の方法・手段による第三者への迷惑になり得る行為。

(6) 掲載期間終了後、または広告主との提携解除後も当該広告主の広告素材やそのアフィリエイトリンクを掲載し続ける行為。

(7) パートナーサイト上での法令等(不当景品類及び不当表示防止法、健康増進法、特定電子メールの送信の適正化等に関する法律、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律、著作権法、銀行法、貸金業法を含むが、これに限定されない一切の法令等を含む) に違反するもしくはその疑義のある表示を行う行為、またはその他の違法又は不当な行為もしくはその疑義のある行為およびそれらを奨励する行為。

(8) 本サービスに関連して、当社を介さずに広告主に対して直接連絡を行う行為、および広告主との間で直接に広告掲載契約を締結する行為。

(9) 同一の個人または法人による、複数のパートナーを本サービスに登録する行為。(ただし、当社が特別に認めた場合を除く)

(10) 当社のサーバーおよびサイト等への不正アクセスや不適切な方法、もしくは許容範囲を超えた頻度による使用等、当社サイトの運営に支障を与える行為。

(11) 広告主が指定する条件に反する方法での広告の掲載、および禁止条件に該当する方法で広告を掲載する行為。

(12) 広告主の競合にあたる企業の商標キーワードをリスティング広告で故意に購入し集客する行為。

(13) 広告主の商品・サービスを、当社または当該広告主の許可なくオークション等による第三者マーケットプレースへの転売する行為。

(14) パートナーサイト登録したアプリを、利用する者の許諾を得ることなく、パソコンやスマートフォン等の情報処理端末から端末情報、個人情報その他の情報について読み取り・書き込み・受発信・取得等し、または当該端末の設定の追加・変更等の操作・動作を行い、または第三者に開示等する行為、またはこれらに該当すると疑われる行為。

(15) アプリを動作させるためのオペレーションシステム提供者が管理・運営するアプリケーションストアにおいて、配信が認められていないアプリをパートナーサイトとして登録する行為。

(16) アプリを動作させるためのオペレーションシステム提供者において定められた規約・規定・条件に違反するアプリをパートナーサイトとして登録する行為。

(17) 本規約のほか、当社が別途定める条件、ルール、注意事項等に違反する行為。

(18) その他、当社が不適当と合理的に認める行為。

2. 禁止行為の有無についての判断は当社が行うこととし、パートナーに対するその内容および根拠の要旨を説明するものとする。禁止行為の有無についての判断は、社会通念上合理的と認められる根拠に基づいて行うものとする。

3.禁止事項またはそれに類する行為により、当社またはその他の法人もしくは個人に損害を与え紛争へ発展、もしくは発展する可能性がある場合、弊社に紛争解決の義務は無いものとし、禁止事項またはそれに類する行為を行なった法人または個人に紛争解決の義務があるものとする。その際必要となった費用も禁止事項の行為を行った法人または個人が負担し、弊社が紛争解決に関わった場合には解決までに必要となった費用等及び支払済みの成果報酬の全額(弊社の裁量により減額することがある。)は、禁止事項またはそれに類する行為を行った法人または個人に弊社から請求が出来るものとする。

第12条(資格)

パーナーとしての資格は以下の通りとする。

1. 18歳以上であること。

2. 暴力、虐待、人種差別を推奨するサイト、または法律もしくは公序良俗に違反するサイト、あるいは、これらのサイトへのリンクを有するサイトを運営していないこと。

3. ねずみ講、マルチ商法、ネットワークビジネス等に関わっていないこと。

4. パートナーの登録情報に偽りがないこと。

5. パートナーサイトがID・パスワードがなくても閲覧可能なものであること。

6. 過去に本サービスの強制退会処分を受けたことがないこと。

7. 日本国内に住所を有していること。

8. 本規約について遵守することを承諾していること。

第13条(強制退会)

1. 当社は、パートナーが次の各号のいずれかに該当したときは、何らの通知・催告なくしてパートナーを強制退会させることができるものとする。

(1) パートナーが本規約に違反した場合(軽微な違反を除く)。

(2) パートナーが違法行為を行っている場合。

(3) パートナーが前条に定める資格を満たさないことが判明し、または、満たさなくなった場合。

(4) パートナーの登録情報の不備等が6ヶ月以上修正されないとき。

(5) 当社がパートナー死亡の事実を知ったとき。

(6) その他、当社がアフィリエイターとして不適当と認めた場合。

2. 本条の適用によりパートナーが強制退会処分を受けた場合、当社はパートナーに対して報酬の発生条件を満たさないものについては支払いを拒否できるものとする。

第14条(情報の管理)

当社は、本サービスの提供により当社が得た情報について、当社が別に定めるプライバシーポリシーを厳守するものとする。

第15条(本サービスの停止、中止)

1. 当社は、突発的な障害等が発生した場合、本サービスを停止することがある。この場合、可能な限り事前に通知をするものとするが、やむを得ない事情による場合には、停止または中止後遅滞なく、管理画面上もしくは電子メール等によりパートナーに通知するものとする。

2. 当社は、自己の営業上の重要な変更があった場合は、パートナーに事前に告知することにより本サービスを中止することができるものとする。

3. 当社は、本条における本サービスの停止または中止によりパートナーが被った損害に対して、故意又は重大な過失がない限りその一切の賠償責任を負わないものとする。

第16条(守秘義務)

1. パートナーは、本サービスに関連して知った、当社または広告主の技術上、業務上その他の秘密に属すべき一切の情報(以下「秘密情報」という)を第三者に漏洩してはならないものとする。また、秘密情報を記載または記録した文書、図面その他の書類または磁気的、光学的に記録された媒体を複製または複写してはならない。

2. パートナーが本規約に違反し、秘密情報を第三者に漏洩した場合は、広告主および当社に生じた一切の損害を賠償するものとする。

3. 本条の規定はパートナーの登録取消後においても有効とする。

第17条(反社会的勢力との関係遮断)

1.パートナーは、現時点および将来にわたって、反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなったときから5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動等標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団、カルト的宗教団体、またはその他これらに準ずる者)でないことを保証し、次の各号に該当しないことを表明・確約するものとする。

(1) 反社会的勢力が経営を支配していること。

(2) 役員または経営に実質的に関与している者が反社会的勢力であること。

(3) 自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、反社会的勢力を利用していると認められる関係を有すること。

(4) 反社会的勢力に対して資金等を提供し、または便宜を図るなど反社会的勢力に利益を供与していると認められる関係を有すること。

(5) 反社会的勢力と密接に交際をするなど社会的に非難されるべき関係を有すること。

(6) 暴力的な要求行為、または法的な責任を越えた不当な要求行為を行うこと。

(7) 取引に関して脅迫的な言動を行い、または暴力を用いる行為を行うこと。

(8) 風説を流布し、偽計もしくは威力を用いて相手方の信用を毀損し、または相手方の業務を妨害する行為を行うこと。

2.本条を違反したことが判明した場合、本サービスの強制退会がなされること、また、これによりパートナーに損害等が生じた場合であっても、当社はパートナーに対して何ら責任を負わないとともに、当社に損害等が生じた場合、パートナーに対する損害賠償請求を妨げないものとする。

第18条(保証の制限)

当社は、本サービスについて、次の各号の事項を保証するものではなく、パートナーは何らの異議を述べず、また、当社は故意又は重大な過失がない限り何らの責めも負わないものとする。

(1) 本サービスが停止することなく、問題なく運営されること。

(2) 本サービス上の欠陥が常に修復されること。

(3) 本サービスに係るシステム内に何らエラー、バグ等の欠陥、不具合が存在しないこと。

(4) 本サービス内にコンピュータウイルス等の破壊的構成物を存在させないこと。これらのためのセキュリティ対策方法が充分に提供されていること。

(5) ユーザーの動作環境に全く依存せず広告を正常に表示させること。

(6) 本サービスの利用により、オペレーションシステム提供者が管理・運営するアプリケーションストアにおいて、アプリの販売・提供に問題が発生しないこと。

第19条(免責事項)

本サービスに関連してパートナーに損害が発生した場合、当社の故意または重大な過失による場合を除き、当社は一切の賠償責任を負わないものとする。また、当社が賠償責任を負う場合にあっては、本規約の他の規定、債務不履行、瑕疵担保、不法行為、不当利得その他請求原因(事由)のいかんにかかわらず、直前3か月以内に支払った成果報酬額を上限とする。

第20条(個人情報)

1. 当社は、パートナーの個人情報(氏名、住所、電話番号その他当該個人を特定することが可能なあらゆる情報を意味する。)を、適法かつ適切に利用及び管理するものとし、パートナーの承諾なしにこれを第三者に開示、提供または漏洩しないものとする。

2. 前項の規定にかかわらず、当社は、法令または裁判所もしくは政府機関の強制力を伴う緊急の命令、要求もしくは要請があった場合その他個人情報の保護に関する法律第23 条第1 項列記事由に該当する場合は、パートナーの承諾なしに必要な範囲で個人情報を提供または開示することができる。

3. 第1 項の規定にかかわらず、当社は、次の各号のいずれかに該当する場合は、第三者に対してパートナーの個人情報を開示することができる。

(1) パートナーが本規約に違反したことにより広告主に損害が発生し、広告主から当社に対して特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律(平成13年法律第137号)第4 条第1 項に基づいて当該違反行為を行ったパートナーの個人情報開示の要求があり、当社が当該開示を必要と認めた場合。

(2) 本サービスに関連して広告主からパートナーに対して直接商品等を送付する等広告主がパートナーの個人情報を必要とする場合。

(3) 本サービスに関連して当社と提携する企業がパートナーの個人情報を必要とする場合。

(4) 当社が本サービスに関連する業務を第三者に委託する場合。

第21条(損害賠償)

パートナーは、本サービスに関連して当社に損害を与えた場合、または当社が広告主その他の第三者から損害賠償を請求された場合は、その損害(直接的損害及び通常損害のみならず、逸失利益、事業機会の喪失、データの喪失、事業の中断、弁護士費用、その他の間接的、特別的、派生的または付随的損害の全てを含む)を賠償するものとする。

第22条(知的所有権およびライセンス)

本サービスにおける著作権(著作権に関しては、著作権法第27条(翻訳権・翻案権)及び同第28条(二次的著作物の利用に関する原著作者の権利)に定められた権利を含む)その他の関連知的財産権は、原始的に当社に帰属するものとする。パートナーは本サービスの限定された範囲内でのみその利用を許諾されているものとし、事前の許可なくして、それらの内容等に対して一切の修正・変更はできないものとする。

第23条(通知)

当社からのパートナーに対する通知は、パートナーが登録した電子メールアドレス宛に当社が電子メールを発信した時点で、通常到達すべき時にパートナーに到達したものとみなす。

第24条(権利義務の譲渡)

1. パートナーは、本規約に基づいて発生した権利及び義務を第三者に譲渡し、または担保に供することはできないものとする。

2. 当社は、本サービスの営業を第三者に譲渡する場合(会社分割等実質的に営業を譲渡する場合を含む)は、事前にパートナーに告知することにより、本規約の契約上の地位または本規約に基づいて発生する権利もしくは義務について、第三者に対する譲渡、担保設定その他の処分を行うことができるものとする。

第25条(不可抗力)

当事者の合理的な管理を超える事由(天災、火災、地震、ストライキ、洪水、暴風雨、疫病、暴動、テロ、戦争行為、政府の行為、通信サービスもしくはインターネット環境の不通、不能状態を含むがこれらに限定されない)により、本サービスの全部または一部が不履行または遅延した場合において、当社はその責任を負わないものとする。

第26条(協議事項)

本規約に定めのない事項について疑義が生じ、または本規約の各条項の解釈に疑義が生じた場合、当社及びパートナーはお互いに誠意をもって協議し、これを解決するものとする。

第27条(本規約の効力)

本規約は、パートナーが本サービスの会員登録を完了した時点からパートナーの退会時点まで効力を有する。

第28条(本規約の改定)

1. 本規約は、当社の判断によりパートナーの承諾なく合理的な範囲において随時変更・改定を行うことができるものとする。

2. 変更後の本規約の効力は、当社が本規約の変更を当社のウェブページ上に記載したときから発生するものとする。パートナーは、変更後の本規約の内容に同意しない場合は、当社所定の手続を行うことにより本サービスから退会することができるものとする。

第29条(解除)

当社及びパートナーは、14日前に相手方に通知することにより、いつでも本規約を将来に向かって解除することができるものとする。

第30条(準拠法および合意管轄)

本規約は日本法に従って解釈され、本規約に関連して当社とパートナーとの間に紛争が生じた場合は、東京簡易裁判所または地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。


2018年12月18日 改定
2018年6月7日 改定
2017年8月1日 制定